初めての外国人採用

募集段階

先ず外国人を雇用したい時の募集の方法

新聞・雑誌・インターネット

新聞での募集の他にも、外国語系の雑誌やポータルサイトを利用した方法が有名です。

自社従業員、取引先、大学等からの紹介

外国人留学生を多く抱える専門学校・大学・大学院は、彼らの日本での就職を強くサポートしています。そのような教育機関の就職課にコンタクトし、求人を出したり、日本での就職を希望している優秀な学生の情報を得ることも効率的な外国人雇用の成功につながります。

公的機関(ハローワークなど)からの紹介

「外国人雇用サービスコーナー」及び「留学生コーナー」を設置しております。(札幌市)

民間人材紹介会社からの紹介

バイリンガルや外国人を中心に人材紹介を行っているコンサルティング会社は数多くあります。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)での求人

スマホ普及率が高まっている時代。
特に、語学が堪能な日本人や海外から日本での就職を希望する外国人などは、これらSNSでの求人を注意深くチェックしているようです。

採用段階

日本在住の外国人を採用する場合

日本に在住する外国人を採用する場合には、まずその者のビザの取得、在留資格や在留期間を確認する必要があります。
日本で外国人が就労するためには、在留資格が必要になります。