働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

 

「勤務間インターバル」とは、

勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。

 

勤務間インターバル導入コースの申請が開始されました

詳しい動画解説はこちら

インターバル助成金

 

対象となる取組

労働時間を削減できるような、設備や機器の導入。

研修や就業規則改定に対する支出に対して助成されます。

 

  1. 労務管理担当者に対する研修
  2. 労働者に対する研修、周知・啓発
  3. 外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング
  4. 就業規則・労使協定等の作成・変更
  5. 人材確保に向けた取組
  6. 労務管理用ソフトウェアの導入・更新
  7. 労務管理用機器の導入・更新
  8. デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新
  9. テレワーク用通信機器の導入・更新
  10. 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新
    (小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機など)

助成金額と補助率

休息時間数 新規導入 導入拡大 補助率
9時間以上、11時間未満 80万円 40万円 3/4
11時間以上 100万円 50万円 3/4

 

交付申請期限

令和2年11月30日までとなっております。

 

計画的な申請をしていきましょう!