ビザとは

外国人の方が日本に上陸するためには、次の二つの要件を満たしている必要があります。

有効な旅券を所持していること
ビザ(査証)の発給を受けていること

ビザ(査証)の発給権原は外務省にあります。
海外に置かれている日本の領事館や大使館等で発給されます。

ビザだけあっても「入国許可」にはなりません。
ビザは簡単に言うと「推薦状」のようなものです。

ビザが必要ない場合もあります。
例えば、国際的な協定で観光のように短期的な滞在のみの場合や航空機を乗り継ぐ場合などです。

在留資格とは

「在留資格」とは、外国人が日本に在留し、一定の活動を行うことができる入管法上の法的資格です。
※入管法・・・出入国管理及び難民認定法

日本で働くための在留資格には大きく分けて2つに分類されます。

許可された就労活動のみ就労できる在留資格

主に「経営・管理」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「技能」「特定活動」があります。

就労活動に制限のない在留資格

「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」「特別永住者」

就労活動を制限される在留資格

「文化活動」「短期滞在」「留学」「研修」「家族滞在」等

「留学」「家族滞在」等は資格外許可を取得すれば週28時間まで就労可能になる。