ハラスメント規制

 

ハラスメント規制とは

最近、色々な「ハラスメント」という言葉を耳にします。そもそもハラスメントとは?

こういった疑問にお答えします。

ハラスメントの本質を理解して、企業のリスク回避をする必要があります。

私は、社会保険労務士と行政書士です。勤務経験から、ハラスメント現場にも体験しております。そのような環境を解決してきたからこそ、語れることもあります。

では、さっそく見ていきましょう。

 

そもそもハラスメントとは?

ハラスメントとは

いろいろな場面での「嫌がらせ」「いじめ」のこと。

他者に対する言動が、次のような影響を与えること

・相手を不快にさせる

・尊厳を傷つける

・不利益を与える

・脅威を与える など

 

ハラスメントの種類
  1. パワーハラスメント
  2. セクシャルハラスメント
  3. マタニティーハラスメント ・・・など

上記のほかにも、ハラスメントと呼ばれる種類は多いですが、ここでは上記に絞って話を進めたいと思います。

 

職場のハラスメントの現状

(厚生労働省HPより)

■労働相談件数は年々増加傾向

平成30年度:約110万件

■1番多い相談は、「いじめ・嫌がらせ」

平成30年度82,797件(25.6%)

10年で倍増した。

 

ハラスメントが与えるリスク

パワーハラスメント

(使用者側)

  1. 民事上の責任として損害賠償を請求される。
  2. 社会的信用を失う。
  3. 労働者の労災認定に関わる不利益を負う。

(加害者側)

  1. 刑事罰に課される。(暴行罪、脅迫罪、名誉棄損罪など)
  2. 民事上の責任として損害賠償を請求される。
  3. 懲戒処分に課される。
  4. 社会的信用・社会的地位・家庭生活への影響など
セクシャルハラスメント
  1. 刑事責任を問われる。(強姦罪・強制わいせつ罪・名誉毀損罪など)
  2. 民事上の責任として損害賠償を請求される。
  3. 社会的信用を失う。

 

現状とリスクを把握したうえで、「会社としてどう対応するのか」検討する必要があります。